素肌ケア

肌トラブルに負けない健康な素肌を目指そう!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    半日断食のやりかた
    プチ断食はいろんなやり方があるようですが、一番手軽にはじめられるのが、朝食を抜く断食です。

    これを何度かやってみるとカラダが慣れてきて、もうちょっとやってみたくなります。

    そんな人にオススメなのが、半日断食です。

    前の日の夜は、20時頃までに夕食をすませておきます。

    翌日の朝と昼は、酵素たっぷりの生ジュースを飲みます。

    そして、夕食はおかゆやそばなど軽めに摂ります。 このとき、量は控えめに、ゆっくり食べて、脳が満足するようにしましょう。

    どうしても断食中に辛いという場合は、しょうが紅茶を飲んだりしてもよいそうですよ。

    どちらにしても、最初から無理をするのではなく、少しずつカラダを慣らしていきましょう。
    | ヘルス | 14:50 | - | - | - | - |
    0
      便秘と肌荒れ
      JUGEMテーマ:アンチエイジング

      便秘になるとにきびや吹き出物ができやすくなります。

      これは腸に便が溜まっている状態が続く事で、老廃物が排出されないだけでなく、アンモニアなどの有害物質が発生するからです。

      腸の働きが悪いときは自律神経の働き、代謝もにぶくなっていて、これもお肌に悪影響を与えます。

      美肌や健康を保つには便秘を解消しましょう。

      まずは、腸内の環境を整える3つの習慣をつけるようにします。

      一つ目は毎日カラダを動かすこと。
      適度な運動は便秘解消に効果的です。軽いウォーキングなど毎日続けられる運動がオススメ。

      次に善玉菌を増やすこと。乳酸菌はその代表格。ケフィアは、腸内の環境を整えるのに必要な善玉菌が豊富に含まれて居ます。

      もうひとつは、食物繊維を摂る事。

      食物繊維は、腸の中で有害物質を吸着して体外に排出する働きがあります。

      さらに、便のカサや水分量を調節、善玉菌を増やすといった腸の健康には欠かせない役割があります。

      | ヘルス | 13:31 | - | - | - | - |
      0
        女性が成功するウエスト引き締め法
        女性と男性は、その性格の違いから同じダイエットをしても、同じ結果が出るとは限りません。

        女性男性に向いているダイエット法があるので、自分に向いている方法を選ぶようなことを通してより高い効能が得られるようになります。
        ウエスト引き締めは、ダイエットの一番の目的になることも多いと思います。

        残念なというようなことに、皮下脂肪が多い女性にとって、ウエストの脂肪を落とすのは大変大変なことなんです。

        更に、女性は甘い物や空腹時の誘惑に負けやすい生き物のようですから、その誘惑に負けない為の対策をダイエットを始める時に考えておくことが必須です。

        女性は男性と違って、一人で黙々とダイエットを継続する感じのものが苦手な性格だといわれています。

        ウエスト引き締めに何度チャレンジしても失敗してしまうのは、自分の性格に合っていないダイエットをしているからです。

        女性は、お友達を比較しながら、実際ダイエットをすると長続きするといわれています。

        ダイエット効能をグラフにして、お友達とお茶をしながら、実際お話しする感じのものが一番です。

        毎日続けていくうちに、話題がダイエットの事になり、より前向きに取り組む感じのことができるようになります。

        グループを作ってウォーキングをしている女性が多いのは、一人で歩くとつまらなくて続けられないという思いが表れているんです。

        こんな風に、ウエストのダイエットでも、仲間を作って励ましあいながら、実際、情報交換をしながら、実際進めていくと、高い効能が得られるようになります。
        | ヘルス | 09:03 | - | - | - | - |
        0
          ダイエットとビタミン
          ダイエットには運動や食事制限などが必要ですが、これらを効率よくするには体質を変えることを考えた方がいいようです。

          体質を変えるためには、エネルギーを燃焼しやすく、痩せやすい体を作ることと、必要な栄養を必要なだけ摂る方法を考えるとようようです。

          これらをうまく取り入れることで効率的なダイエットを行うことができます。

          ビタミンB1は、豚肉などにたくさん含まれている栄養素ですが、糖質の燃焼をスムーズにする効果があります。また、ビタミンB2は、脂質の燃焼を促します。

          たんぱく質の燃焼をスムーズにしてくれるのは、ビタミンB6です。

          ダイエットには、これらのビタミンB群を上手に摂ることが大事になってきます。代謝がよく、エネルギーを消費しやすい体を作ることができます。
          | ヘルス | 15:52 | - | - | - | - |
          0
            流産の可能性
            妊婦が流産する確立は10%〜15%くらいといわれています。

            流産は、妊娠して22週未満で中絶することを言います。母体に原因があり妊娠が維持できないことを自然流産といいます。

            自然流産の原因は、妊娠10週目までに起きる流産であれば胎児側に原因があることが多く、受精卵の染色体の異常によるものがほとんどです。

            また、妊娠10〜12週以降の流産は、母体の法に原因がある場合がほとんどだそうです。子宮内感染症や内膜の異常、子宮損傷など病気による

            もの、極度のストレス、疲労などが原因となるそうです。

            妊婦の歳が多くなるにつれて、流産の確立は上がり、40代では40%前後と言われているそうです。
            | ヘルス | 09:46 | - | - | - | - |
            0
              酵素
              カラダを健康に保つためには、酵素が足りていることがとても大切だということが分かってきました。

              健康を保つためには、酵素を作る量と、消費する量のバランスを整える必要があるようです。
              どのくらいの量があれば大丈夫というわけでなく、必要な量には個人差があるようです。

              酵素をカラダの中で作る量が足りないときは酵素を体の外側から補うことも出来ます。

              酵素は食べ物の中に含まれてものが多いので、食べ物から摂ることもできます。

              酵素はたんぱく質でできているので、調理することで性質が変わってしまうことがあります。

              なので、果物など生で食べて酵素を摂れるものを食べることが大事です。



              | ヘルス | 13:23 | - | - | - | - |
              0
                PMSが現れる時期
                PMSの症状は、排泄機能が低下して体がむくみやすいので、指輪がきつく感じたり、顔が大きく見えた時に、PMSが始まったことに気付くという人いるようです。

                PMSに悩まされる年代は、20代女性よりも30〜40代女性に多いようです。PMSを発症するのは、生理がある女性ならばどの年代でも可能性がありますが、妊娠・出産を経て体内の栄養が不足しがちであることと、加齢によるホルモン分泌が低下することなどが理由だと考えられます。

                適切な治療を行えば、症状は緩和されて健康的な生活が送ることが可能です。

                PMSは我慢せずに病院を受診するようにしましょう。
                | ヘルス | 21:13 | - | - | - | - |
                RECOMMEND
                NEW ENTRIES
                CATEGORIES
                ARCHIVES
                MOBILE
                qrcode
                LINKS
                PROFILE
                OTHERS
                このページの先頭へ